このサイトについて

新たなスノーボード体験を、
身近にすぐそこに

snowwshiroは、「スノーボーダー同士を繋げる」プラットフォームです。
スノーボードをより楽しく、より思い通りに滑ることができる
環境を実現していきます。

ユーザー

  • 参加したいイベントを選んで予約するだけ
  • ホストにやって欲しいイベントをリクエスト
  • クレジットカードで簡単予約決済

ホスト

  • やりたいイベントを簡単に掲載できる
  • 定員設定、同時刻複数イベントの掲載も可能
  • 事前決済で当日の参加費徴収は不要

利用手順 - ユーザー

1.新規登録する
新規登録画面でユーザー名、メールアドレス、パスワードを登録します。
メールアドレスに届いた確認メールのリンクをクリックしたら、登録完了です。
2.イベントを探す
登録されているイベントから参加したいイベントを見つけて、予約決済します。
登録メールアドレスに、予約完了のメールが届きます。
予約したイベントはマイページで確認できます。
3.イベントに参加する
イベント情報の日時に集合場所に行き、イベントに参加しましょう
予約をキャンセルしたい場合
予約したイベント画面のキャンセルをクリックします(キャンセルしたイベントは、マイページで表示されなくなります) その後、以下キャンセル料を差し引いた金額が払い戻されます

このサービスの思い

スノーボードの楽しみ方は様々です。「まだ未経験だから、まずは安全に一人で滑れるようになりたい」「初めて滑ったけど横滑りしか出来なかったから、ターン出来るようになりたい」 といったところから、「SNSで見るようなグラトリをゲレンデで軽やかにやりたい」「オリンピック選手が飛ぶようなキッカーに入れるようになりたい」まで。思い思いの滑りを目指して、 数日前から計画・準備して雪山・ゲレンデに向かうのです。

友達と行って教えてもらうこともありますが、その友達が教わるのに最適とは限らないですし、時にはその友達の滑る楽しみを犠牲にすることもあるかもしれません。 ゲレンデにいる上手な人を観察してトライしてみますが、いざ自らやってみると上手くいかなかったり、何が足りないのかが分からなかったり。。。 動画サイトのHow Toも同じです。

スクールで教わるのも良いアイデアだと思います。経験あるスノーボーダーは相手の滑りを観察して、足りない部分を指摘してくれます。 一方、Webやパンフレットでスクールが示す指導方針は一般的で、教えてくれるインストラクターの特徴が分からず、 実際のレッスンが自分の目指したい滑りを教えてくれるものではなかったということもあります。または単純に、インストラクターとの相性でコミュニケーションが上手く いかなかったということもありえます。

重要なのは、「自分が目指す滑りをする人と一緒に滑ること」「自分のペースを理解してくれる、気が合う人から教わること」ではないでしょうか。 そのためには、インストラクターや理想となる滑りをしているスノーボーダー(ホスト)が、そうなりたい人たち(ユーザー)と直接繋がることができる場が必要だと考えました。 snowwshiroは、ホストが簡単にイベント(レッスン、一緒に滑ろう会等)を企画・掲載できる環境を作り、ユーザーが多くのイベントから自分に合いそうなものに参加できるようにすることで、 スノーボーダーがよりスノーボードを楽しく充実したものになることを支援していきたいと考えています。

さらに詳しくは、snowwshiro開発者ブログにて